スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
チューブ交換・・・・
 昨年末に自転車で出勤しようとその前日、タイヤに空気を入れておいたのです。いっぱい入れておきました、すぐ抜けるし。
翌朝、出かけようと自転車を押して外に出そうと思ったところ何故か後輪がロックしてしまい進みません。
 「ん?昨日までは何ともなかったのに、オカシイなぁ」
見てみると、
R0012586.jpg
 タイヤがリムから外れています!
 何故??オマケに空気も抜けています。


またバーストかよ。しかもなんの衝撃も与えていないのに・・・・。


仕方が無いので結局クルマで出勤し、帰ってから改めて見てみました。
R0012588.jpg
 チューブを取り出してみると・・・
 見事に裂けています。
 これはパンク修理も出来ないですね。


自転車屋さんでチューブを買って来ましたよ。(735円)
うーむ、空気入れ過ぎたのかしらん。
心当たりがあるとすればMax120psi と表示されていたところを
130psi まで入れたことくらいなのだが。

 もしかしたらタイヤが700×25Cなのに700×28-32Cという
太いチューブを無理やり押し込んでムギューっとなっているところに
130psi という空気圧にしてしまい、更に気温の変化による相乗効果
でバーストしてしまったのだろうか。 謎だ・・・。


スポンサーサイト
2007/01/05(Fri) | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucia01.blog62.fc2.com/tb.php/48-fd9d8fea
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。