スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
デジカメの不具合
私が使用しているデジカメはリコーCaplioR3という機種です。
このカメラは500万画素でコンパクトな割りに1:28mm~200mmの光学7.1倍ズーム、手ブレ補正機能、マクロも1cmと中々機能的です。正直なところ、以前使用していた5年くらい前で300万画素のオリンパスC-3000という機種の方が画像がきれいな気はするのですが・・・。

Caplioも中々気に入って使っていたのですが、どうも電源をオフ時のレンズ収納でカバーが弱くて心配はしていたのです。
が、逆に起動時にカバーが上手く開かなくなってしまいました。手で無理に開ければ何とか使えるけどこれではシャッターチャンスを逃しまくってしまいます。そこで購入したお店に修理依頼に行きました。(先日の富士ショートコースの帰り道に)

店員に事情を説明すると大して調べずに「新しいものに交換します」と言われました。私が使用していたのはシルバーのモデルだったのですが、現在はシルバーは生産終了でブラックしか在庫を置いてないとの事でブラックのモデルに交換してもらいました。


 052201 新品交換してブラックバージョンになったCaplioR3


帰宅して少し調べてみたところ、やはりレンズカバーは弱いという話が結構ありました。ブラックになってからは対策がとってあるみたいです。見た目は変わらないけど・・・。
他にも私のようなクレームはきっとあったはずで、もしかしたらお店でももしそういうクレームが来たら新品交換で対応すると決めていたのかも知れませんね。エンドユーザーとしてはメーカー・販売店の素早い対応はうれしいことです。

スポンサーサイト
2006/05/22(Mon) | 自転車 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucia01.blog62.fc2.com/tb.php/3-af8b0cf2
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。