スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
XPERIA mini pro の root化

さて、Galaxy Cooperと違い、最初から日本語の設定が選べるようになっている

XPERIA mini proだが、非常に残念なことにまたもやフォントが中華系なのだ。

最初から日本語設定があるのに何故このフォント?

ソニーエリクソンは日本人の心が分かっていないのか!?


また日本語フォントを入れるためにRootを取る?

root化の方法を調べてみた。

root化に成功した先人たちの記事によると、

まずブートローダーをアンロックしなくちゃならないとか、

色々と面倒くさそうな感じだったので、躊躇していた。


しかし、最近になってブートローダーのアンロックも必要なしで

ワンクリックでrootが取れてしまうというものが公開されたらしい。

これは私のような面倒くさがりにはうってつけではないか!




ということで、早速 XPRIA mini proのRootを奪取することに。

非常に簡単なのだが、一応備忘録として。


①「DooMLoRD_v1_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」
  をダウンロードする。

② 端末をUSBデバッグモードでPCに接続する。
 (PC Companion はスキップする)

③ ダウンロードしたzipファイルを解凍する。

④ 解凍したフォルダ内の「runme」を実行する。


あとは自動でroot化とSuperuser、BusyBoxがインストールされる。

SDカードをアンマウントしておくのを忘れた~! と思ったが、

勝手にSDカードのアンマウントを行っていたのには感心した。



と、超簡単にroot化に成功。

rootを取っていても PC Comoanion でソフトウェアのアップデートができた。

もっとも、アップデート後は un rootされているので、

再度rootを取らなければならない。

でもワンクリックなので簡単だ。


スポンサーサイト
2011/11/19(Sat) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucia01.blog62.fc2.com/tb.php/177-1b8fb828
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。