スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
言葉にならないこと
7月29日、友人の通夜に行ってきた。


ロードスター乗りである仲間。

ハセポンさんと私との3人でロードスターの楽しさを再確認し、

これからもツーリング行きましょうね! 

って話していたのに。

ほんのちょっと前まで元気だったのに。



大病だって事は解っていた。

でもあの人なら必ず復活するって本当に信じてたのに、

入院して約三ヶ月。

早過ぎるよ。


早く元気になるようにと、妻がミニカーから型を起こしてフェルトで

ロードスターのぬいぐるみを作ろうかなんて話をしていたのに。

早過ぎるよ・・・


亡くなったと連絡を受けたけれども、

信じられなかった。

信じたくなかった。


しかし通夜に行って現実として受け止めざるを得なかった。

あの人のプライベートまで知るような深い付き合いではなかったけれど、

悲しかった。 本当に悲しかった。


最後に顔を見ることができた。

私たちの前の人たちは「本当に安らかな顔をしているね」と言っていた。

私も最後の挨拶をしに窓を覗いた。

あれ? 視界が滲んでしまって良く見えないや。

でも、微笑んでいたような気がする・・・

最後の挨拶なのに、顔を見ても、お線香をあげて手を合わせても、

何も言葉が出てこなかった。 

「さようなら」も言えなかった。



何度か通夜や告別式に参列したことはあったけれど、

涙を流したのは初めてだった。


しかしこの涙は悲しみの涙じゃない

いや、本当に悲しいけれど悲しくて涙が出たのではなく、

あまりにも悔しくて涙が出てしまった。


だって

治ったらツーリングに行こうって言ってたじゃん

来年は軽井沢ミーティングに行こうって言ってたじゃん

時間はかかるかも知れないけれど、治るって言ってたじゃん

楽しみにしていたでしょ?

私たちだって楽しみにしていたよ


なのに、なんで・・・こんなに・・・



もっと早期に発見できれば直せたじゃないの?

そもそも病院側でなんでもっと早く発見できなかったの?

もっと違う治療法もあったかもしれないじゃないか!

素人なので偉そうなことは言えないけれど、そんな気がしてならない。


勿論、病院側が手抜きをしたとは考えてはいないけれど。

仕方が無かったのかもしれないけれど。

考えれば考えるほど色んなことに悔しさがこみ上げてくるよ。




ごめんなさい。

これでは逝く人も浮かばれないよね。



でも、未だに言えない

「さようなら」って。





今度は向こうでロードスターに乗り続けてください。

完璧なクルマに仕上げてください。

そしていつか、仕上がったクルマを私たちに見せてください。

楽しみにしていますよ!



では安全運転でお願いしますね・・・









スポンサーサイト
2010/08/06(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://lucia01.blog62.fc2.com/tb.php/109-083e534e
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。