スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
GALAXY Cooper (SAMSUNG GT-S5830) 日本語対応化
購入したGALAXY Cooper(S5830) を日本語対応にしないと不便なので、

と言うか新規購入した意味がなくなるのでさっさと日本語対応化を。


自分のために覚書で記すだけなので、もし同じようにやって壊れちゃったりしても

一切の責任は取りませんのであしからず。



まずは定番のやり方で日本語表示と日本語入力をできるようにする。


・元々この機械にはSelect Languageで日本語選択はないので
 アンドロイドマーケットから MoreLocale2 というアプリをインストール。

MoreLocale2-01.jpg






・次に日本語入力をできるようにマーケットからOpenWnn というアプリをインストール

OpenWnn-01.jpg





とりあえずはこれで日本語の表示と入力が出来るようなった。


けれども、表示される日本語のフォントがちょっと許しがたい(中華系フォント?)

なので日本語のフォントを入れ替えたいということになるのは必然。

しかしフォントを入れるには Root化(管理者権限を取得)しなければならない。

Root化するにはSuperOneClickというソフトを使用するのが簡単らしい(Android 2.3不可とのこと)




フォントを入れ替える手順


・とりあえず気に入ったフォントを持って来る。


・キャリアのSDカードに適当なフォルダを作って(自分の場合はTemporaryとした)
 そのフォルダにフォント名を「DroidSansJapanese.ttf」と変更して保存しておく


・SuperOneClickをダウンロード(有料)し適当な場所に解凍する。(PC側 Windows)


・マーケットからRootExplorerをインストールする(キャリア側)
       

・キャリアをUSBデバッグモードにする(Settings>Applications>Development>USB debugging)

USB debugg-01














・SDカードはアンマウントしておく(Setting>SD card and phone storage setting>Unmount SD card)

SD card Unmount-01














・USBケーブルでPCと接続


・SuperOneClickを起動する


・“Root”ボタンをクリック


・問題なければRootがとれる

Superuser-01.jpg




画面のどこかにSuperuserのアイコンが出現しているはず


・キャリアを再起動(Reboot)する →これを忘れるとRootExplorerが起動できない


・RootExplorerを起動する

RootExplorer-01.jpg





・SDカードに保存したフォントをコピーする。


・上のほうにマウントの切り換えボタンがあるのでボタンをタップしてマウントしておく。


・システムのフォントフォルダに貼り付ける(system>fonts)


・再起動するとフォントが反映される

SC20110716-181008.png












これで完了。



かなり良くなったかな。

やはりメニューまで全部日本語表示になるわけではないけれど、

電話帳やメールなどは普通に日本語が使えるので全然問題なし。



スポンサーサイト
2011/07/20(Wed) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。