スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ごろ寝Pad(タブレットPC)
そういえば(何も言っていないが)6月に

クイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センターで

“Commart Next Gen Thailand 2012”というIT製品関係の催しがあり行って見た。



実はタブレットPCにちょっとだけ興味があり、ただし明確な用途も思いつかないので

とりあえず安物で遊んでみたいと思っていた。


ただ、当時街で見かけるタブレットPCと言えばiPadやGALAXY Tabがほとんどで

私としてはそこまで高額なものは買おうという気にはなれなかった。


そこでいわゆる中華タブレット的なものを探していたのだけれどあまり無く、

見かけたとしてももスペックすらよくわからず怪しすぎて手を出せないようなモノだったりして。


で、今回その催しを覗いてみたところ、気になるモノがあった。

Ainol Novo7 Aurola と aigopad M80 というタブレット。

aigopad M80 は8インチスクリーンというとても中途半端な大きさで魅力的だったのだが、

結局 IPS液晶に惹かれて Novo7 Aurola を購入した。


20120610-02.jpg












ケースはGalaxy Tab 7.0(Plusだったかな)用を流用




価格は6月購入時で5690バーツだった。

程なくしてAurola2 というデュアルコアバージョンが900バーツ高くらいの値段で

売られているのを見かけたときには軽くショックだった。

しかし後日、Aurola2 は Wifi のアンテナがあまりよくなく電波の掴みが弱いという情報も

見かけたので、Aurola で良かったのかな。



デフォルトでは中華アプリ満載だしスクリーンタッチの反応もあまり良くないので

とりあえずすぐにカスタム・ファームに入れ替えて使用。

動画の再生などは私が4年間くらい使用しているネットブックPCなんかより格段にすばらしい。



今のところ、用途は就寝前にベッドでのごろ寝でインターネットとか、

出勤前の数分を食卓(テーブル)で、見たいな感じ。

と言ってもごろ寝ではすぐに堕ちてしまうので稼働時間はすこぶる短い。

あ、あとたまに子供たちがゲームで遊んでいるか。



今は中華タブレットもだんだんデュアルコアは当たり前になってきていて

クアッドコアももうボチボチ出てきそうな感じなので普及するのも時間の問題だろうね。


次に買うときには価格がこなれてきた頃にクアッドコアかな~

今だったら Google Nexus7 も魅力的だけれどね。





スポンサーサイト
2012/10/10(Wed) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
XPERIA mini pro のキーボード交換
3月のお話。


我が XPERIA mini pro (SK17i) で「4.0.2.A.0.62 利用可能な新しいシステムの更新」
とやらが出ていて、うっかり更新してしまった。

そして後からこの更新をするとルートが取れなくなると知ったのだった。
フォントはどうしても変えたかったのでルートは必須だ。

調べてみると 4.0.2.A.0.58 に戻す方法があったので参考に戻してみた。
無事にルートも取り直して良かった良かったとなったのだが、
文字を入力するときに物理キーボードを使うと何かオカシイ。

ビルド番号は確かに 4.0.2.A.0.58 なのだが地域のバージョンが違ったらしく、
キーの配列が微妙に変わってしまったみたいだ。

そこで思い出した。
以前にタイ文字の無い英字キーボードに交換しようと思い購入したのだが、
配列が違うために諦めたことを。

偶然にもこんな形で日の目を見るときがきたようだ。
ある意味買っておいて良かった・・・


120300-01.jpg












デフォルトのキーボード




キーボードは両面テープで貼り付けてあるだけなので、
カッターナイフを使いペリペリと剥がせる。(慎重にね)


120200-04.jpg












剥がして並べてみた
キー配列が違うのがわかる



120300-02.jpg












英字キーボードに交換後
すっきりしてアルファベットが見やすくなった。



タイ文字がキーボードにあるのもレアな感じで良いけれど、
タイ文字を入力することはきっと無いだろうなぁ。



2012/07/30(Mon) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
XPERIA mini pro 日本語フォント変更 について
まず以前の記事でmini pro の日本語フォント変更の方法を書いていて、

その中で「RootExplorer でサクッとコピーすれば済む話だと思うのだが・・・」とあり、

その時は何故か変更できなかったわけだが・・・

やはりそれでできるみたいだ。



タイトルから少し外れるけれど、まず成り行きを。



Galaxy Cooperがバッテリーアイコンの変更に失敗し

起動画面の無限ループで使用不可能になった頃、

それならばXPERIA mini pro の出番ぞ! 

と、mini pro に差してあったAIS(タイのSIMカード:停められていて使用不可)の

SIMカードを抜き、b-mobileのSIMカードを挿入した。

するとMcAfee Mobile Security により画面ロックがかかってしまった。

PIN番号を入力しなければ解除できない。

が、設定したPIN番号を忘れた。

SMSを使用し登録した携帯電話に解除用のPIN番号を送るシステムになっていたが、

登録していたAISのSIMカード自体が通話不可能になっているのでそれも無理。

サポセンに電話したが端末のメーカーに解除方法を聞いてくださいと軽くあしらわれた。

確かにPIN番号を忘れた自分が悪いけれど、

正直、マカフィには失望した。

解除方法が分からないのなら何の為のサポセンか!

その後、メールでも連絡をして、そこの人は何度もあの手この手の方法を提案してくれて、

とても丁寧に対応してくれたので少しは怒りが治まったが。


ま、結局端末を初期化する方法が分かったので、

端末を初期化して画面ロックを解除したのだけれども。



そういう経緯があり、mini pro を再びroot化し、

日本語フォントも入れ直しと相成った訳なのだ。

root化をするときに自分の備忘録を確認しながら行ったので、

自分のブログが備忘録として役目を果たした感じ。



次に日本語フォントを変更するときに、また自分のブログを見ていて、

やはりややこしいと思った。

他人のサイトも見てみたけど、やはりややこしいことが書いてある。

でも、実はとっても簡単にできるのではないかと思えてきた。




前置きがメッチャ長くなってしまったが、ここからが本題(だいぶ短いが)


以前の記事の①~②は同じだが


① 適当なフォントを持ってきて、ファイル名を「DroidSansJapanese.ttf」にする。

② そのフォントファイルをSDカード直下にコピーする。

③ Root Explorerを起動し、SDカード直下にコピーした日本語フォントファイルをコピーし、
  /system/fonts に貼り付ける。

④ fontsフォルダ内に貼り付けた「DroidSansJapanese.ttf」のパーミッションを「rw-r-r」に変更する。

⑤ 端末を再起動する。



以上、これで日本語フォントが変更されるハズ。

120113-11.gif












今回はちゃんと日本語フォントが変更された




そして最初から入っていたMacAfee Mobile Security はアンインストールし

Zoner AntiVirus をインストールしてみたのであった。


2012/01/13(Fri) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
Galaxy Cooper バッテリーアイコンを100段階表示に変更(成功)
何とか復活を果たした我がGalxy Cooperだが、

性懲りもなく再びバッテリーアイコンの変更に挑戦した。

もちろんこれは備忘録、と言っても実は昨年末の話なので

すでにちょっと忘れかけている・・・

思い出しながらもう一度実際にやりながらこの記事を書いてみた。

当然ながら自己責任にて。



■ バッテリーアイコンを100段階表示に変更する(要root)
 
 
1.端末の/system/framework/にあるframework-res.apkと
  /system/app/にあるSystemUI.apkをPCにコピー
  (バックアップは取っておいたほうが良い)。
 
 
2.Ultimate Online Theme Kitchen というサイトで好みの
  バッテリーアイコンなどを作成する。


 2-1.[Home]の右の[Kitchen]のページから
     [Battery]タブにて、□Use this mod にチェックを入れ、
     好みのアイコンなどを選んでいく。
UOT Kitchen-01












  
 2-2.選び終わったら[Summary]タブを開く。
     カスタムのアイテムが緑色になっていればOK。
     ちゃんと終わらせていないと赤色になる。
UOT Kitchen-02












UOT Kitchen-03







  
 2-3.[File upload]タブでアップロードの設定をする。
     画面右側の真ん中辺りのframework-res.apkの表示の下の
     [Select file]ボタンをクリックし、
     1でコピーした場所を指定してアップロードする。
 
     次に同じくSystemUI.apk
       upload this file only if you have Gingerbread rom
      の表示の下の[Select file]ボタンをクリックし、
     1でコピーした場所を指定してアップロードする。
UOT Kitchen-08







 
 2-4.[Summary]の左側の一番下の[Submit work to kitchen]ボタンが
     緑色に変わっていればOK。クリックする。
     すると、オーダーナンバーが表示される。
UOT Kitchen-06










 
UOT Kitchen-07










 
 2-5.ページ上方の[Kitchen]の右隣の[Pickup]ページを開く。
     Your recently cooked files (0)という表示がある。
     随時更新されていくのでしばらく待つ。
     Your recently cooked files (1)
     UOT-○○-○○-○○-○○-○    ○.○○MB  download 
     と自分のオーダーナンバーが現れたらダウンロードする。
 
 
 2-6.ダウンロードしたzipファイルを端末のSDカードにコピーする。
    

 
3.ClockworkMod Recovery を端末にインストールする。
 
  Androidマーケットから「ROM Manager」をダウンロード、
  インストールするとの情報があったが、それはGalaxy Sの場合であり、
  Rom Managerを起動し「Clockwork Mod Recoveryを導入」をタップしても
  「携帯端末の種類を確認」の画面で自分の機種(Galaxy Ace/Cooper)
  は表示されなかった。
 
  インターネットで探してみると、
  「 How to Install ClockworkMod Recovery V5 on Galaxy Ace S5830」
  という英語のページを発見。そこからダウンロードしインストール。
 
 
4.インストールしたCWM Managerを起動しUpdatesの
[Flash upddate(Flash update.zip)]をタップ

  スキャン後Filesの欄で、2-6.でSDカードにコピーした
  UOT-○○-○○-○○-○○-○.zipがあるのでそれをタップし
  インストールする。
 
 
以上、うまくいけばバッテリーアイコンが変更されているハズ。

     

120113-03.jpg












今回、思い出しながら実際にUOT KITCHENでファイルを作成し

CWMで端末にインストールしてみた。


ちょっとドキドキしたけど、あっけなく完了し無事変更された。
今回はバッテリーアイコンとメニュー等のフォントを変更してみた。


この方法ならAPKファイルを置き換えを誤って文鎮になる、

というリスクが大幅に軽減されると思う。いや思った。


2012/01/13(Fri) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
Galaxy Cooper バッテリーアイコンの変更(失敗)
Galaxy Cooper でrootを取ったし
 
せっかくなのでバッテリーアイコンを100段階表示のものにしたいなと。
 
色々なページを参考にAndroid SDKやらApk managerなどを導入して
 
イマイチ理解出来ていないまま作業を進めていたのだが、
 
ずっと充電中のアイコンのままになってしまったりとどうもうまくいかない。
 
そのうちにframework-res.apk の差し替えで失敗したようで、
 
(リネームしたframework-res.apk にはもう要が無いと思い
 
 削除してしまったらおかしくなった)
 
端末の電源を入れるとブート画面の無限ループという事態に陥ってしまった。
 
 
どうにもならず、あまりやりたくなかったが仕方がないので
 
OdinでROM焼きに挑戦することに。
 
しかしSamFirmware などには自分と同じベースバンドバージョンのROMがなく
 
どうせならAndroid 2.3.6とかにしてしまおうか、とも考えたがやはり
 
元に戻したいので散々探しまくり、何とか見つけ出した。
 
 
ところが、自分のPCで端末と接続し何度やり直してもうまくいかない。

111217-04.jpg









 
USBのポートが開けないようなメッセージが出てしまうのだ。
USBドライバをインストールしなおしたりしても変わらず。

 
もしかしたら自分のPCとの相性が悪いのかもしれないと考えた。

横浜に戻ったときに家族用のPCでやってみるかと諦めかけていたその時、
 
この狭苦しい部屋の中にもう一台ノートPCがあることに気づいた。
 
仕事用のPCだ。 
 
ソフトをUSBメモリに移し仕事用のPCで再チャレンジ。
 
結果、一発でクリアし無事にGalaxy Cooperが復活した!
 
しかし一体今までの苦労は何だったのか。
 
実は復活するまで数日に及んでいた・・・
 
やはり自分のPCとは相性が悪いらしいな。
 
そういえば、Galaxy Cooper がKies経由でAndroid2.3.4に
 
アップデートするときも自分のPCでは何度やってもうまく行かず、
 
試しに家族用のPCにKiesをインストールして端末と接続したら
 
一発でアップデートできたっけ。
 
USB関係がイマイチなのかしらん・・・
 
 
2012/01/13(Fri) | パソコン・携帯など | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。